永住ビザ(東京) 変更

トップページ > 永住ビザの変更(東京)

永住ビザ,東京

永住ビザへの変更

外国人在留資格
外国の方が取得される在留資格には様々なものがあります。
東京など日本国内に在住する外国人の方は在留の際に決定された在留資格に基づいて、滞在しています。
しかし在留資格は、活動の内容や目的が限定的であり、在留の目的を変更したり、失ったときなど在留資格を変更しなければならない事情が生じる場合があります。
そのさいは東京など日本に在住する 外国人の方がその都度在留資格の変更をすることになります。

永住ビザへの変更

永住ビザとは、外国の方の在留期間が永久になり、在留期間の更新の手続きが不要になるというものです。
期間、活動に制限がなくなりますので外国人の方にとって大変メリットのある在留資格です。

東京に住む外国人と永住ビザへの変更

外国人在留資格者が多い東京
東京は国内でも有数の外国人在留資格者の多い都市です。
よって東京入国管理局は等は常時混雑しており、その待ち時間も大変なもの

です。
東京での永住ビザの変更
変更手続きをおこなう場合、膨大な変更書類と時間が必要となってきます。
時間の短縮、確実な変更申請を行うためにも専門機関に依頼した方が懸命です。

東京専門のスタッフが変更申請を対応
当社では東京、東京圏に多数の実績のある専門スタッフが、全力でサポートさせていただきます。
スピード申請を得意とし、いままで不許可となった申請はございません。

永住ビザを取得後の変更

永住ビザへの変更が完了したあと、いまの在留資格からの変更など行うべき手続きがあります。

@再入国許可の申請

本来、外国人の方が一時帰国や旅行などのため日本を出国すると、この外国人の方の在留資格の効力は消滅してしまいます。しかし再入国許可があれば外国人の方の再入国することができます。
外国人登録も消滅しません。
永住ビザを取得された外国人の方も同様です。1年や3年ごとの在留資格更新の申請は必要なくなりますが、 外国人の方が海外に出国する場合は必ず再入国許可を取得してから出国しなければなりません。
再入国許可を取得せずに出国した場合や、出国期間中に再入国許可の期限が切れてしまうと、永住ビザの効力が無くなります。
在留資格のない外国人となってしまいます。

A市区町村での外国人登録の変更

永住ビザに限りませんが、在留資格に変更があった場合は、市区町村で外国人登録の変更手続が必要です。
外国人登録の変更は 最寄の役所にある外国人登録の窓口でおこなってください。
その際は外国人登録証明書が必要です。

Bご家族の在留資格の変更

これまで外国人就労ビザ等をお持ちの時は、ご家族は「家族滞在」という在留資格をお持ちだったと思いますが、 今後は「永住者の配偶者等」という在留資格を取得することが可能です。

C永住許可がおりた外国人が、自身または配偶者その他の親族の資産等によって生計を営むことができること

公共の負担にならず、自分の資産や収入で安定した生活を送ることができることが必要です。

申請前に転職などで一時的に収入が減った時期があると、 安定した生活を送ることができないと判断される場合があります。

”永住ビザ,東京 width=